2016年02月07日

2月7日 「教会の権威」Tコリント5:11-13


==============================================
          {厳しさと優しさ}



 「見てごらんなさい。神のいつくしみときびしさを。」
                   (ローマ11:22)



 神には、厳しさと優しさとが共にあり、バランスがとれて
おいでです。
厳しさは、その聖さから生まれ、優しさは、愛から生まれます。

 聖書の記録は、このことを実によく示していると言える
でしょう。律法と恵みということばであらわしても誤りでは
ありません。律法は、神が私達に求められる標準であり、
その標準に達しない私達のために、自らその足りなさを補って
下さった、正確には贖って下さったのが恵みです。
律法には、人がいかに神の求める標準に達しないかを明らかに
してくれる役目があり、恵みには、いかに神が人を愛してくだ
さっているかが明らかにされています。

 この二つのことを人は明らかに知る必要があるわけです。
人がただ自分の弱さを認めるだけでは不十分で、神と直し、
神の前にいかに自分が愚かで、不遜で、不従順で無力な者で
あるかを知らされるところに律法の役目があります。

 現代は、この神の前に自分の罪深さを知り、認めるという
ことが嫌われる傾向が強いという点で終末的です。即ち厳しさ
が嫌われる時代なのです。神の前に於ける厳しさをしっかりと
受け止められない人は、十字架の神の愛を真に理解するに至り
ません。それは単なる優しさ、人間的な愛にすぎませんから
極めて不安定で永続できません。
             (山宮先生の牧者の声より抜粋)


==============================================
posted by sbbc at 13:07| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月31日

1月31日 「規定に従って」Uテモテ2:5


==============================================
         {規定に従って}



 「キリストがそうされたのは、みことばにより、
 水の洗いをもって、教会をきよめて聖なるものとする
 ためであり、ご自身で、しみや、しわや、そのような
 ものの何一つない、聖く傷のないものとなった栄光の
 教会を、ご自分の前にたたせるためです。」
               (エペソ5:26-27)

  

 石井兄と明石姉の婚約式、おめでとうございます。
本人はもとより、両家にとりましても大きな喜びでしょう。
 婚約式は二人が主イエス・キリストの御前で、結婚を前提と
して霊的に準備をし、結婚に備える誓いをするためです。
丁度、教会がイエス様の花嫁としてふさわしく準備すること
とに重ねて、伝道者パウロは婚約式ならびに、結婚式を重んじ
るように告げています。

 昨今、婚約式や結婚式を軽んずる傾向にあります。
また、性的堕落は、目を覆いたくなります。自分の思いだけに
突き動かされて、軽率な行動をとる若者は多いのではないで
しょうか。同性婚が市民権を取ろうとしていることなど混乱が
エスカレートしてきています。

     それでは何が正しいのでしょうか。

 婚約式は、神様の御前において、それぞれ結婚相手が、
神様が導いてくださった方であることを確信し、主に対して、
いかなることがあっても、キリストが教会を愛されているよう
に、互いに愛し仕えていくことを約束する時です。

そして、御両親はじめ、教会がその誓いの証人になるのです。
それは、誠に厳粛なことです。


==============================================
posted by sbbc at 18:27| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

1月24日 「みことばを生きる」イザヤ55:6-11


==============================================
        {みことばを生きる}



 「天が地よりも高いように、
  わたしの道は、あなたがたの道よりも高く、
  わたしの思いは、あなたがたの思いよりも高い。」
                (イザヤ55:9)



 今、ラクビ―が注目を浴びています。大きな大会で優勝した
のではありません。今までは弱小チームだったのですが、世界
大会で、優勝候補一角の南アフリカチームに勝ち、予選で三勝
したためです。惜しくも、決勝トーナメントには進むことはで
きませんでした。しかし、日本人は大フィーバーしたのです。

 勝利した要因は、監督者エデイー氏の四年間にわたる練習の
成果です。選手は、監督者の指導する「ことば」を信じ、厳し
い練習を重ねて、監督者の目指すラクビ―を実現したのです。
そしてその結果、勝利し、監督者とともに勝利を喜んだのです。

 主なる神様は、私達のいのちの唯一の監督者です。しかも、
全てに勝利された方です。そして、私達を愛し、全てを捧げて
くださった方なのです。

ですから、語られる「みことば」を信じ、歩んで行きましょう。


 伝道者パウロも

 「また闘技をする者は、あらゆることについて自制します。
  彼らは朽ちる冠を受けるためにそうするのですが、
  私たちは朽ちない冠を受けるためにそうするのです。」
                  (Tコリント9:25)

 と、また使徒ヨハネも

 「神によって生まれた者はみな、世に勝つからです。
  私たちの信仰、これこそ、世に打ち勝った勝利です。
  世に勝つ者とはだれでしょう。イエスを神の御子と
  信じる者ではありませんか。」
                   (Tヨハネ5:4-5)

 と告げています



==============================================
posted by sbbc at 13:46| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

1月17日 「良い物を食べよ」イザヤ55:2


==============================================
         {聖書の価値}


 「わたしに聞き従い、良い物を食べよ。そうすれば、
  あなたがたは脂肪で元気づこう。」(イザヤ55:2)

  
 預言者イザヤが、このみことばを語った時は、ヒゼキヤ王が
宗教改革を断行し、その結果、北イスラエルを滅ばしたアッス
リアの軍勢に主によって、大勝利をした後でした。
主の力を目の前で見た、ユダの人々に対して神様はイザヤを
通して告げられたのです。

 ユダの民が勝利したのは、主の御言葉を聞き、信頼しそれに
従ったからでした。

彼らは、敵の大軍にも、冒涜にも、脅しにも屈せず、主に救っ
て下さるように心を一つにして祈ったのです。他には、なにも
できませんでした。次の朝起きてみると、敵は一人もいません。
御言葉通りになったのです。
それ以後、アッスリアは二度と攻めてこなかったのです。


 新約時代に生きる私達、それ以上の奇跡を見ているのでは
ないでしょうか。同じ聖書が、人々の最大の敵である
「罪と悪魔と死にイエス様は打ち勝たれた」と告げています。

その御力をもって私達一人一人に、良い物を与えようとして
おられるのです。元気を与えようと待っておられるのです。

私達に必要なのは
その御言葉に信頼して主に祈り待ち望むことです。

私達の魂に活力を与えることが出来るのは、主の下さる御言葉
だけなのです。他のものは何一つ必要ないのです。


主に聞き、従いましょう。



==============================================
posted by sbbc at 12:36| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

1月10日 「聖い道」イザヤ35:8


==============================================
         {聖書を読む恵み}



 「求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。
  そうすれば見つかります。たたきなさい。そうすれば
  開かれます。」(マタイ7:7)



 新年、多くの人々が、初日の出を見る為に、山に登ったり、
遠くへ出かけたりします。千葉では、犬吠埼の灯台は有名で
す。又、ニュースで見たのですが、山中湖から、ダイヤモンド
富士をカメラに収めようと、寒い中何時間も、じっとその瞬間
を待っている人々を伝えていました。その為にはどんな苦労も
苦にしない心は、どこからくるのでしょうか。
言うまでもなく、それは、その美しさに魅了されているからで
しょう。

 神様は、

   「求めるように」「捜すように」「たたくように」

ご命令されています。
これは、かなり熱心に求めるように勧めています。


 何を求めるように御命令しておられるのでしょう。
少し前を見ると、

        「神の国と神の義」

であることがわかります。神の国がどんなに素晴らしい国で
あるかは、神様ご自身が知っておられるのです。

しかし、その素晴らしさは、肉眼では見ることが出来ません。
その為に神様は、

        聖書の御言葉を通して、

私達に見せようとされたのです。

私達は聖書を窓として、
信仰により、その素晴らしさに触れることができるのです。

その時、人は神の国に憧れるのです。
そして、捜し始めるのです。
その入り口を発見し、門の戸をたたくのです。


その門の向こうに

       「聖い大路」が真っすぐに、

父なる神様のところまで通じていることを発見するのです。


==============================================
posted by sbbc at 13:24| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月03日

1月3日 「主の書物」イザヤ34:16


==============================================
          {主の書物}


 「彼はその治世の第一年の第一の月に主の宮の戸を開き、
  これらを修理した。」
                (U歴代誌29:3)



 新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願
いします。今年の与えられた御言葉は

     「主の書物を調べて読め」(イザヤ34:16)

です。この命令は預言者イザヤが、ユダの王ヒゼキヤ王の就任
した最初の年の第一日、正月に語った御言葉です。

 この時、イスラエルは、滅亡の危機にあったのです。北イス
ラエルは、アッスリア帝国の攻撃を受けようとしていました。
その5年後に占領されていきます。南ユダ王国は、ヒゼキヤの
父親アハズ王は、預言者イザヤの語る神からのメッセージには
耳を傾けず、自分勝手な道を歩んだのです。主の宮の戸を閉じ、
こともあろうにダマスコの神の祭壇を、エルサレム神殿の庭に
同じものを祭司に造らせたのです。

その理由は、自分の国よりも強い国なので、彼らが仕えている
神なら助けてくれるだろうと考えたのです。そのために、民は
主から離れて行きました。ますます国は衰退していったのです。

 その時、ヒゼキヤが25歳で王についたのです。
彼は、その現状の原因は、主のことばを聞かないで、主のこと
ばに従わないために、主の怒りによることを知っていました。
そして、改革に着手したのです。それを励ましたのが、預言者
イザヤの預言でした。

ユダヤは繁栄を取り戻していくです。


==============================================
posted by sbbc at 13:20| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

12月27日 「主の恵みを忘れるな」詩篇103篇


==============================================
        {主の恵みを忘れるな}


  「あなたは気をつけて、あなたをエジプトの地、
   奴隷の家から連れ出された主を忘れないように
   しなさい。」(申命記6:12)


 神様は、人が忘れる者であることを知っておられるのです。
イスラエルの民が、エジプトから連れ出されて、カナンに入る
手前で、このことを語られたのです。
どんな時に忘れるのかをも知っておられるのです。

 多くの恵みに満ち溢れた時に民が与えてくださった主を忘れ、
高慢になり、自分の力で得たかのように思い、他の神々に
迷って行くことを戒めました。支えておられる主を忘れると、
滅んでいくことも教えられたのです。

 しかし、詩篇78篇を見ると、その後の民がどのように歩んだ
かが歌われています。
「忘れてしまった」、「信頼しなかった」と書かれています。
これが人の心なのです。
「忘れる」とは「心を失う」と書きます。心が主なる神様から
離れてしまい、他の神々に移っていったのです。

 神様は裁きをされ、民の心が主に助けを求めるようにされ
ました。そして、ダビデをたて、牧するようにされ、英知の
知恵で彼らを導くようにされたのです。

 しかし、民は再び主を忘れていったのです。しかし、主は
契約にしたがって、ダビデの家を建てられるために、イエス様
を王として立ててくださり我々を救ってくださったのです。

 イスラエルの民の教訓を覚えて、この恵みを忘れないように
しましょう。これが最後の神様の救いの御業です。


==============================================
posted by sbbc at 14:03| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

12月24日聖夜礼拝 「まずしくなられた主」ルカ2:8-20

posted by sbbc at 22:13| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

12月20日 「救い主生まれる」ルカ2:1-7


==============================================
         {救い主生まれる}


 「『キリスト・イエスは、罪人を救うためにこの世に
  来られた』ということばは、まことであり、そのまま
  受け入れるに値するものです」(Tテモテ1:15)


 イエス・キリストがお生まれになられた事実を受け入れる
ことが一番大切です。ゼカリヤやマリヤに告げられた通りに、
イエス様はお生まれになられました。


1.聖霊によって、神の子としてお生まれになられた。

 羊飼いに、神様は御使いを遣わして、キリストがお生まれに
 なったことを知らせました。それに天の軍勢が加わって賛美
 したのです。そのことを、羊飼いたちはマリヤとヨセフに
 伝えました。それによって、マリヤとヨセフは聖霊によって
 与えられたことを確信したのです。


2.生まれる子は、父ダビデの王位を受け継ぐ者となることを
 告げられていました。

 このことは、東の博士たちの来訪で明らかにされました。
 博士たちは、ユダヤ人ではありませんでした。しかし、彼ら
 には、ずっと昔に、全世界を治める者が生まれることを知ら
 されていたのです(民数記24章参照)。その印は大きな星が
 輝くというもので、彼らはその星を発見したのです。
 そして、告げられていた通りにユダヤに礼拝するために
 旅をして来たのです。

==============================================
posted by sbbc at 13:00| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

12月13日 「ガブリエルの告知」ルカ1:26-38


==============================================
{ガブリエルの告知}


 「先の事は、見よ、すでに起こった。
  新しいことを、わたしは告げよう。
  それが起こる前に、あなたがたに聞かせよう。」
                 (イザヤ42:9)


 主なる神様は、行おうとされることは、まず私達に告げて
くださいます。何も告げられないで突然行われることはないの
です。救い主の到来は、多くの時を用いて、神様は人々に知ら
せてこられました。そして、21世紀に生かされている我々キリ
スト者は、告げられたことがその通りに起こったことを知って
います。

 イエス様の御降誕は、最も大きな出来事です。救いのご計画
の中で、最後の完成する時なのです。ですから、父なる神様は、
ザカリヤとマリヤに告げるために、二回も出向いたのです。
今までに聖書に記されているのは一回だけです。それだけに、
御降誕は大切な知らせだったのです。
 特に異邦人である我々にとっては、最大の出来事なのです。
伝道者パウロはこのすばらしい出来事をエペソ人への手紙で
喜びをもって告げています。

「あなたがたは、以前は肉において異邦人でした。すなわち、
肉において人の手による、いわゆる割礼を持つ人々からは、
無割礼の人々と呼ばれる者であって、そのころのあなたがたは、
キリストから離れ、イスラエルの国から除外され、約束の契約
については他国人であり、この世にあって望みもなく、神も
ない人たちでした。」(エペソ2:11-12)

が、今や

「あなたがたは、もはや他国人でも寄留者でもなく、
 今は聖徒たちと同じ国民であり、神の家族なのです。」
                 (エペソ2:19)

==============================================
posted by sbbc at 13:32| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする