2017年07月18日

7月16日 「四つの種」



「四つの種」
「種を蒔く人が種まきに出かけた」(マタイ一三:三)
  
一、主はどのような方なのか。
 みことばを蒔く人です。
 みことばは、麦の種のようなものです。
 イエス様はたとえを用いて、神の奥義を話されました。
 イスラエルのあちこちで見られる風景でした。秋ごろになると、麦の種を畑に蒔きます。ばらまきですので、ある種は道端に落ちました
 別の種は石地に落ちます。また別の種は、茨の中に落ちてしまいました。また、耕された良い地に落ちました。しかし、成長し実を収穫できたのは、良い地に蒔かれた種でした。
二、種を蒔く人―主―の期待は収穫することです。私達は良い地でしょうか。
 みことばは、全ての人々の心に蒔かれています。イエス様は、四つの種のパターンを示すことで、御言葉に対して、全ての人の心の状態を描かれました。このパターンしかないのです。そして、実を結ぶ心は、良い地でなければならないのです。他の三つの状態では、実を結ぶことはできないのです。みことばは完全です。実を結ぶか、枯れてしまうかは、聞く私達の心の状態に左右されるのです。
posted by sbbc at 10:40| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする