2017年05月30日

5月28日「主の選択」


「主の選択。」
「全地はあなたの前にあるではないか。もしあなたが右にいけば、私は左に行こう。もしあなたが左に行けば、私は右に行こう。」(創世記一三:九)

   神の導きを知るには、どうすればいいのでしょうか。今、教会は千葉ニュータウン教会の独立に関して、主の導きを求めています。聖書から三つの実例を通して、見てみましょう。
  一、モーセとロトの別れ(創世記一三:九)ー選択権を相手側にー
  別れなければならない事情が出て来た時、アブラハムはまずロトに選択  するように提案しました。ロトは自分が良いと思う低地を選びました。アブラハムは、他の所を選んだのです。
  二、サムエルとイスラエルの民(Tサムエル八:七)ー主にゆだねてー
  イスラエルの民はある事情から、王を立ててくれるようにサムエルに申し入れました。サムエルはそれには反対でした。神にたずねた所、「この民があなたに言う通りに民の声を聞き入れよ。・・・今、彼らの声を聞け。ただし、彼らにきびしく警告し、彼らを治める王の権利を彼らに知らせよ。」とサムエルに応えられました。
  三、パウロとバルナバとの別れ(使徒一五:三九)ー主の働きを分けるー
  マルコのことで、彼らは激しく話し合いました。その結果、夫々の選択の道を行くことになりました。主はそれを受け入れられました。
posted by sbbc at 14:48| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする