2017年01月16日

1月15日「人の原点」



{人の原点}
「神は人をご自身のかたちとして創造された。」(創世記1:27)

 今日、腐敗し、乱脈をきわめ、日に日に殺伐となり、時には耐えきれぬような環境の中にあって、かつてのエデンの園を思うことは、無用な時代錯誤と言われますか・・・。
 いえ、いえ、決してそうではありません。本来、人間はその創造の当初には、かくも神によって素晴らしい世界に住まわされていたという事をわきまえるとき、世界の現状に観念してしまう無気力と頽廃とから、自らを引き上げうるのです。私共は、かつて園の中を歩まれる創造主と直接交わりを有していたのです。
 人間は今あるべき状態にいないということ、このことを、まず認識することによって、現状を打開し、本来の人を回復する目的と意欲と希望とを掻き立てられるのです。
 いや、神こそすでに回復の手を打っておられたのです。あの堕落の瞬間から、救い主のお約束は直ちに与えられていたのです。その実現のために、主は十字架にかかられ、いのちを捧げて下さったのです。そして、復活され、教会の頭として、キリスト者を神のかたちへと導いておられるのです。
 ですから、そのために、私達は覚悟して教会の中での言動に心を配らなければなりません。自分自身に流されてはならないのです。
posted by sbbc at 03:49| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする