2017年01月08日

12月11日 「時がくれば実現する神のご計画」

「時がくれば実現する神のご計画」
「わたしのことばは、その時がくれば実現します。」(ルカ1:20)
 
神が求められる、みことばにたいする信仰は、「時がくれば実現する」という信仰です。先週は、「みことばは必ず実現する」という信仰について、考えましたが、ただ実現するということだけではなく、「時」も定められていることを神は告げておられます。私達が信ずるか、信じないかによらずに、告知された通りに、神は行われるのです。
 しかし、信じ受け入れた人と信じない人との神の取り扱いが大きく違ってくるのです。祭司ザカリヤは様々な状況から信じられなかった為に、ヨハネが生まれるまで、おしにされてしまいました。ことばは、神から出ていることを教えておられるかのようです。その妻であるエリサベツは「主によって語られたことは必ず実現すると信じきった人は、何と幸いなことでしょう。」(ルカ1:45)と主を大声でほめたたえました。マリヤも「力ある方が、私に大きなことをしてくださいました。」(ルカ1:49)と主を賛美しました。
 ザカリヤは、子ヨハネが生まれ、名をつけるとき、ガブリエルが告げた通りに「ヨハネ」と知らせた時、口が開け、舌は解けものが言えるようになり「古くから、その聖なる予言者たちの口を通して、主が話してくださったとおりに」(ルカ1:70)と主を褒めたたえました。
posted by sbbc at 02:24| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする