2016年09月26日

9月18日 「共におられる神」

「共におられる神」
「わたしは、モーセと共にいたように、あなたと共にいよう。わたしはあなたを見放さず、あなたを見捨てない。」(ヨシュア一:五)
「恐れ」は私達の生活に大きな影響を与えます。先日、相模市の障害者施設で殺傷事件があり、社会に多大な不安を与えました。それは、「恐れ」となって生活に支障が出始めています。恐れから解放されるにはどうすればよいのでしょう。信仰に回答があります。
 ある時、イエス様は弟子の信仰のないことを指摘されました。船でガリラヤ湖を渡ろうとした時、強い風と波に襲われ、船が沈みそうになりました。弟子のペテロさんたちは、恐れに支配され、「主よ、助けください。私達は溺れそうです。」と、叫びました。恐れている弟子にしてイエス様は「なぜ怖がるのか。信仰の薄い者たちだ。」と叱りました。この時、イエス様はどんな信仰を求めたのでしょう。
 旧約聖書のヨシュアの記事が参考になるでしょう。冒頭の聖句にあるように、恐れに支配されていたヨシュアを、主なる神は励ましました。その根拠に、「あなたと共にいる。」と語られたのです。ヨシュアは、そのみことば信じて、勇敢に立ち上がったのです。
 イエス様は同じ信仰に立つことをペテロさんに、求めたのです。それが恐れから解放される唯一の手段です。彼らは、復活の主にお会いした時から、この信仰に立って、勇敢に戦ったのです。
posted by sbbc at 16:25| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする