2016年09月26日

9月11日 「信仰の役目」

「信仰の役目」
「信仰がなくては神に喜ばれることは出来ません。」(へブル一一:六)

 先日、出かけている時、車が突然故障して、動かなくなりました。それからが大変でした。保険会社に連絡し、修理会社を捜してもらい、レッカー車で修理工場まで搬送してもらい、修理が終るまで台車を借りて家までやっとの思いで、帰ってきました。
 故障個所は、ミッションが壊れてしまったのです。ミッションはエンジンの力を車輪に伝える働きをします。その故障の為に、エンジンは動くのですが、車輪にその力が伝わらないのです。アクセルを踏んでも、エンジンが空回りするだけなのです。
  このミッションの役目は、丁度、信仰がはたす役目に似ています。イエス様の御力は、誰にも同じなのですが、ある人には、御言葉通りの御業がなされるのですが、ある人には、御言葉通りにはなりません。なにが、その違いを産むのでしょうか。そのカギが「信仰」というミッションの働きが正常に機能しているか、していないかによるのです。ミッションが機能していなければ、エンジンの力は、車輪に伝達しないように、「信仰」がなければ、イエス様の御業は行われません。
  百人隊長の僕の癒しの御業は、このことを教えています。イエス様は「あなたの信じた通りになるように」と答えました。僕はその時癒されたのです。
posted by sbbc at 16:22| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする