2016年09月09日

8月7日「新しい出発」ネヘミヤ9:1~

「新しい出発」
「神のみこころに添ったその悲しみがあなた方の内にどれほどの熱心を起こさせたことでしょう。」(Uコリント七:一一)
  
  「みことばは、人の内に働き、悔い改めに導きます。」
 イスラエルの民は、仮庵の祭りの中で、一週間、御言葉を読みました。長い間、忘れられていたことでした。城壁再建は終わりましたが、生活上の状況は何も変わってはいませんでした。しかし、その中で、神様との関わりを変えることができたのです。
  最初は、ネヘミヤに励まされて、主の働きに参加しました。そして、完成した時、彼らは、自ら、聖書を通して、神のみこころを理解したのです。
 それは、彼らの魂にしみこんでいったのです。今の苦難の原因を知ったのです。それは、主に犯行してきたために、主のこらしめであることを悟ったのです。そして、悔い改め、主に立ち帰ったならば、主は赦し、受け入れて下さることを知ったのです。
  「彼らは告白し、盟約を結びました。」
 イスラエルの民は、4分の1日(6時間)かけて告白しました。今までの示された全ての罪を告白しました。そして、これから主に従うことを、決心し、盟約を結んだのです。そして、行動しました。イエス様を迎える備えをしたのです。約四〇〇年経過して、救い主は来られたのです。
posted by sbbc at 07:20| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする