2016年07月15日

7月10日 「聖別された日」ネヘミヤ7:72~


「聖別された日」
「第七月の第一日はあなたがたの全き休みの日、ラッパを吹き鳴らして記念する聖なる会合である。」(レビ記二三:二四)
 
 一 神が民を招集される日(聖別された日)
   第七月は今の九月の終わりごろから一〇月にかけての頃になります。この時期は、秋のブドウの収穫の時期になります。収穫が終わった後に集会は開かれました。神は民と共に喜ぶために、仕事を全て休んで、日常生活から離れて、共に集まったのです。聖別とは、主が民と共に過ごすために
世から切り離されることです。それは、礼拝という形となるのです。覚えなければならないことは、この会合は主のためなのです。
 二 民は自らすすんで集まった。(一人のごとく)
   城壁再建が終わって、数日しか経っていませんでしたが、大勢の民が住んでいた町や村から、エルサレムへと集まってきたのです。工事の疲れも見せずに、喜んで、命じられることもなく、すすんで集まってきたのです
   彼らは、神殿礼拝からしばらく離されていましたが、集まることは忘れてはいなかったのです。様々な妨害によって、神殿に集まることが出来なくされていましたが、今年は違ったのです。
   主の御前に集うことは、何に於いても優先事項でした。それは、楽しいことであり、喜びでした。あなたはいかがですか
posted by sbbc at 23:19| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする