2016年06月22日

6月19日 「エルサレムの目的」



「どうか、ご恩寵により、シオンにいつくしみを施し、エルサレムの城壁を築いてください。
その時、あなたは、全焼のいけにえと全焼の捧げ物との義のいけにえを喜ばれるでしょう。
その時、雄の子牛があなたの祭壇にささげられましょう。」
(詩篇五一:一八,一九)
  城壁再建が完成した時、ネヘミヤがまず行ったことは、
一、 門衛と歌うたいと、レビ人を任命した。
敵の手に落ちていたエルサレムの町を、ユダヤの人々は取り戻し、本来の町の機能を回復したのです。まず、礼拝の働きを回復したのです。
(U歴代三五:一五)
二、 エルサレムを治める者を立てた。
町の監督者として、ハナ二とハナヌヤが選ばれた。その理由は@誠実な人であった。A多くの人にまさって神を恐れる者であった。この二つだけでした。
 私達キリスト者は、自分自身の統治者として、イエス様をお迎えしました。又、教会を導く者として、牧者をたてます。この働きには同じ霊的資質が求められます。そして、キリスト者自身も同じものをもとめられるのです。(Tペテロ二:九)
posted by sbbc at 17:19| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする