2016年05月30日

5月22日 「主の御言葉を見極める」



「私のような者で、だれが本堂に入って生きながらえようか。
私は入っていかない。。」(ネヘミヤ六:一一)
神は御言葉を通して、導かれます。御言葉は不変です。
  ネヘミヤは、預言者のことばが、神からでたものではないことを見破ったのです。どうして、出来たのでしょうか。それは、知っていた御言葉と言われたことばがちがっていたからです。
  預言者シェマヤは、有力な預言者でした。二代まえから呼ばれているところから家柄がわかります。預言者イザヤのように名の通った家柄だったのです。ネヘミヤは、シェマヤに助けを求めに家を訪ねたのでしょう。以前、ヒゼキヤ王が、アッスリアに攻められた時、預言者イザヤに祈りの要請をしました。(U列王一九:三,、四)。しかし、シェマヤは会わずに、伝言で「主の
 宮で会おう」と伝えたのです。その理由は「敵が夜、あなたを殺しに来るから」と言うのです。
  ネヘミヤは、これは、陰謀であると見破りました。それは、律法によると、主の宮に入ることができるのは、祭司とレビ人だけであることが、記されてあるからです。ネヘミヤは、千年も前に書かれた聖書の記事が、今も効力があることを知っていました。主の宮に入るのは神に罪を犯すことなので、神は決して、罪を犯すようには導かれないのです。たとえ、命が危険にさらされるとしても、御言葉に従うのです。従うところに、主は守られるのです。
posted by sbbc at 11:49| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする