2016年01月31日

1月31日 「規定に従って」Uテモテ2:5


==============================================
         {規定に従って}



 「キリストがそうされたのは、みことばにより、
 水の洗いをもって、教会をきよめて聖なるものとする
 ためであり、ご自身で、しみや、しわや、そのような
 ものの何一つない、聖く傷のないものとなった栄光の
 教会を、ご自分の前にたたせるためです。」
               (エペソ5:26-27)

  

 石井兄と明石姉の婚約式、おめでとうございます。
本人はもとより、両家にとりましても大きな喜びでしょう。
 婚約式は二人が主イエス・キリストの御前で、結婚を前提と
して霊的に準備をし、結婚に備える誓いをするためです。
丁度、教会がイエス様の花嫁としてふさわしく準備すること
とに重ねて、伝道者パウロは婚約式ならびに、結婚式を重んじ
るように告げています。

 昨今、婚約式や結婚式を軽んずる傾向にあります。
また、性的堕落は、目を覆いたくなります。自分の思いだけに
突き動かされて、軽率な行動をとる若者は多いのではないで
しょうか。同性婚が市民権を取ろうとしていることなど混乱が
エスカレートしてきています。

     それでは何が正しいのでしょうか。

 婚約式は、神様の御前において、それぞれ結婚相手が、
神様が導いてくださった方であることを確信し、主に対して、
いかなることがあっても、キリストが教会を愛されているよう
に、互いに愛し仕えていくことを約束する時です。

そして、御両親はじめ、教会がその誓いの証人になるのです。
それは、誠に厳粛なことです。


==============================================
posted by sbbc at 18:27| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする