2016年01月03日

1月3日 「主の書物」イザヤ34:16


==============================================
          {主の書物}


 「彼はその治世の第一年の第一の月に主の宮の戸を開き、
  これらを修理した。」
                (U歴代誌29:3)



 新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願
いします。今年の与えられた御言葉は

     「主の書物を調べて読め」(イザヤ34:16)

です。この命令は預言者イザヤが、ユダの王ヒゼキヤ王の就任
した最初の年の第一日、正月に語った御言葉です。

 この時、イスラエルは、滅亡の危機にあったのです。北イス
ラエルは、アッスリア帝国の攻撃を受けようとしていました。
その5年後に占領されていきます。南ユダ王国は、ヒゼキヤの
父親アハズ王は、預言者イザヤの語る神からのメッセージには
耳を傾けず、自分勝手な道を歩んだのです。主の宮の戸を閉じ、
こともあろうにダマスコの神の祭壇を、エルサレム神殿の庭に
同じものを祭司に造らせたのです。

その理由は、自分の国よりも強い国なので、彼らが仕えている
神なら助けてくれるだろうと考えたのです。そのために、民は
主から離れて行きました。ますます国は衰退していったのです。

 その時、ヒゼキヤが25歳で王についたのです。
彼は、その現状の原因は、主のことばを聞かないで、主のこと
ばに従わないために、主の怒りによることを知っていました。
そして、改革に着手したのです。それを励ましたのが、預言者
イザヤの預言でした。

ユダヤは繁栄を取り戻していくです。


==============================================
posted by sbbc at 13:20| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする