2015年10月01日

9月27日 天の大いなる喜び (メッセージと週報)



{天の大いなる喜び}
 「一人の罪人が悔い改めるなら、悔い改める必要のない九九人の正しい人に勝る喜びが天にあるのです。」(ルカ一五:七)
   
福音は神から、人々に与えられるのです。先日、青年が教会をたづね
てこられました。青年は、学生時代に聖書に接して、信仰に導かれました
そして、香取市の故郷に帰り、日本基督教団の成田教会に集い、ある献
身に導かれて、東京キリスト神学大学に入学しました。しかし、そこで
聞いた聖書の話が、つまずきになったのです。「モーセはいなかった」
「聖書は、古代の文書の寄せ集めによって、編集されたもの」等々。そ
して、学生の態度につまずいてしまったのです。いわゆるリベラル派と
言われている聖書理解に立っているところから、出て来た疑問です。
 信仰は、まず、神が語れた声(聖書の御言葉)に耳を傾けて聞くこと
から始まるのです。人々が救われてほしいと願っているのは、人々の願
うまえに、神が願っておられることが、聖書に明確に書かれています。
 神から、離れ、迷い、自分勝手に生きている人は、神の側から見ると
失われているのです。ほっていると、羊が羊飼いから、離れては生きら
れないように、いずれ倒れるのです。その先にまっているのは、死であ
り、永遠の滅びなのです。そうなる前に、神は、救い、取り戻すために
準備をし、必要なことを全てなさり、探し求めておられるのです。

posted by sbbc at 18:23| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする