2015年09月24日

週報 信仰の必要―イエスの赦し

「福音は、ユダヤ人をはじめギリシャ人にも、信じる全ての人にとって、救いを得させる神の力です。」(ローマ一:一六)
   イエス様は、神と人々の関わりを地上の王に譬えて語りました。(マタイ一八:二三)
 一、神と人は、王とその権威のもとにあるしもべの関係と同じです。
 二、王は、しもべと精算しなければならない関係です。
 三、しもべは精算すると大きな負債が残った。一万タラント(六千万デナリ)これはとても返せない額です。しかし、王は返すように命じた。
 四、僕は猶予をくれるように懇願しました。王は、かわいそうに思って、負債を免除してあげました。
 五、この僕は、その帰りに、自分が貸している仲間にあったので、一〇〇デナリ返すように迫った。少し猶予してくれるように頼んだが、聞き入れてもらえず、捕らえて牢に入れてしまった。
 六、王は、これを知り、僕を呼んで、「私が、あわれんでやったように、仲間を憐れんでやるべきではないか。」と言って、同じように牢にいれてしまった。
これが、譬え話しです。神は同じようにされます。問題は、私達は、この
赦すことができない僕と同じだと言うことです。とすれば、私達は望があ
りません。救いの為には、イエス様の贖いによる赦しが必要なのです。
posted by sbbc at 17:00| 週報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする