2015年08月28日

8月23日 週報 聖徒を支える交わりの恵み(メッセージ録音なし)

「それにしても、あなたがたは、よく私と困難を分け合ってくれました。」
(ピリピ四:一四)
  
  神が私達に求めておられることは、「心を尽くして、思いをつくし、力
を尽くし、知性を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。」、「あなたの
隣人をあなた自身のように愛せよ。」です。ピリピ教会はそれを、福音を
伝えることで、神への愛を実践しました。そして、聖徒を支えることによ
って、隣人を愛することを実践したのです。ルカ伝の「良きサマリヤ人」
で知られる記事には、強盗にあった人の隣人は、同胞のユダヤ人でも、祭
司でもなく、ユダヤ人から嫌われていたが、憐みをかけたサマリヤ人でし
た。
 ピリピの人々は、自分たちに、困難の中、犠牲を払って遠くから来て
福音を伝えて下さった伝道者パウロを最大の隣人として、自分を愛する
うに愛したのです。その愛は、パウロを常に心配、心にかけ、どんな時
にも、援助することを優先したのです。「それは香ばしいかおりであって
神が喜んで受けてくださる供え物です。」と告白しました。「また、私の
神は、キリスト・イエスにあるご自身の栄光の富をもって、あなたがたの
必要をすべて満たしてくださいます。」と主の祝福を知らせました。
posted by sbbc at 22:34| 週報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする