2015年05月25日

週報 たましいの大牧者―イエス・キリスト

「あなたがたは、羊のようにさまよっていましたが、今は、自分のたましいであり、
監督者である方のもとに帰ったのです。」(Tペテロ二:二五)
  聖書の中で、人を「ひつじ」に譬えて表現しています。千葉県君津市に
 マザー牧場があります。三月終わりごろ、久しぶりに行って来ました。以前
 とは、ずいぶん変わっていましたが、今でも、羊が沢山飼われています。
羊飼いと牧羊犬の息のあった働きも見ものでした。羊の性質は
@ 従順
A 忍耐強い
B 迷いやすい
C 羊飼いの必要
D 規則的に毎日水を必要とする。
E 毎日、牧草が必要
 イエス様は良い牧者です。(ヨハネ一〇:一一)
  良い牧者は、自分の羊をよく知っている。羊も羊飼いを知っている。決っして間違うことはありません。又、羊を守るために、自分の命さえ惜しまないのです。
 イエス様は、羊の門です。(ヨハネ一〇:七)
  「私が道であり、真理であり、いのちなのです。私を通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。」(ヨハネ一四:六)
posted by sbbc at 11:59| 週報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする