2015年05月17日

週報 主に仕える祝福

「わたしは全能の神である。生めよ。ふえよ。一つの国民、諸国の民のつどいが、あなたから出て・・・・」(創世記三五:J)
  
 先日、男子の青年が、教会を訪ねて来ました。話を聞けば「行き詰まっ
て、どうしたらよいかわからない。そして、相談する人もいないんです。」
と、ぼそぼそと話し始めました。どこまでが真実なのかはわかりませんが
両親も亡くなり、中学を卒業して、すぐに働かなければならなくなり、仕
事も転々とし、派遣の仕事で佐倉にきて働いていたが、契約が切れてしま
ったとの事。仕事も捜したがうまくいかず、途方にくれていると言うので
す。
 ヤコブの生涯は、目に見える所は、困難しか見えなかったのですが、主
がついておられた。ヤコブもまた、主に熱心に仕えました。主はどのよう
に導かれたでしょう。
@ 目的地である、ラバンの家に確実に到着した。
A ラバンの娘を妻に迎えることができた。
B ヤコブは、熱心に、知恵を尽くして、主に仕えるように忠実にラバン
の家畜を飼いました。
C ラバンの息子たちがねたむほどに、財産を持つように祝福された。
 主が味方であることは、何と幸いなのでしょう。
posted by sbbc at 14:38| 週報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする