2015年05月10日

週報 主の為に生きる

「わたしは彼らの神となり、かれらはわたしの民となる。」
(Uコリント六:一六)
   
  君津に住んでいる義理の兄が、八〇歳にもかかわらず最近、生き生きと
 暮らしています。先日も久しぶりに会ったのですが、以前とはまるで別人のようでした。
  三年まえに奥さんを亡くし、がっかりしているところに、火事になって、多くのものを無くしてしまいました。その時、君津を離れてしまいたいと口にしていました。しかし、一年前に、教会に導かれて、教会生活をはじめたのです。花道や茶道を教えていたこともあり、その教会の茶会に招かれたのがきっかけで、今や、手伝うようになり、いろいろと聞かれるようになり、 
 期待されることが喜びになっているようです。
  自分のために生きている時は、なぜか、沈んでいるのです。
喜んでよいはずなのに、実際は逆なのです。期待され、他の人のために
生きる時、喜びが湧き上がってくるのです。
 イエス様が死なれたのは、私達が、自分のために生きるのではなく、
よみがえられた方、すなわち、主のために生きることが出来るように
罪の縄目から救いだしてくださったのです。主は、私達に期待しておられ
ます。
posted by sbbc at 14:37| 週報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする