2015年04月11日

週報 復活の朝―罪のないものは生きる

「この方が死につながれていることなど、ありえないからです。」
(使徒二:二四)
   イエス様が復活されたことによって、公に宣言されたことは何なのでしょうか。
@ イエス様は罪を持っておられない方であり、罪を犯されませんでした。
 イエス様は真理の方であり、語られた事、行われたことはすべて正しいことが明らかにされました。それは、「罪の払う報酬は死である」ことが、はっきりと示されたのです。今までの人は、全て死にました。それは、全ての人が罪人であったのです。例外はないのです。これは、神がおられることを表しています。何故なら、罪は神に対して犯すものであるからです。神がおられなければ罪もないのです。
A 義と認めて下さる者の幸い
 律法を行うことによっては、だれひとり神の前に義と認められないからです。そこには、何の望みもありません。しかし、律法とは別に、神の義が示されました。すなわち、イエス・キリストを信じる信仰による神の義であって、それは、すべての信じる人に与えられ、何の差別もありません。(ロマ3:㉑㉒)
 すなわち、義と認められることは、罪なしと宣言して下さることなのです。その人は、死から解放され、復活に預かるのです。
posted by sbbc at 21:30| 週報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする