2017年07月18日

7月16日 「四つの種」



「四つの種」
「種を蒔く人が種まきに出かけた」(マタイ一三:三)
  
一、主はどのような方なのか。
 みことばを蒔く人です。
 みことばは、麦の種のようなものです。
 イエス様はたとえを用いて、神の奥義を話されました。
 イスラエルのあちこちで見られる風景でした。秋ごろになると、麦の種を畑に蒔きます。ばらまきですので、ある種は道端に落ちました
 別の種は石地に落ちます。また別の種は、茨の中に落ちてしまいました。また、耕された良い地に落ちました。しかし、成長し実を収穫できたのは、良い地に蒔かれた種でした。
二、種を蒔く人―主―の期待は収穫することです。私達は良い地でしょうか。
 みことばは、全ての人々の心に蒔かれています。イエス様は、四つの種のパターンを示すことで、御言葉に対して、全ての人の心の状態を描かれました。このパターンしかないのです。そして、実を結ぶ心は、良い地でなければならないのです。他の三つの状態では、実を結ぶことはできないのです。みことばは完全です。実を結ぶか、枯れてしまうかは、聞く私達の心の状態に左右されるのです。
posted by sbbc at 10:40| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

7月9日「主の剣、ギデオンの剣」

※今回はメッセージの録音はありません。

「主の剣、ギデオンの剣」
  「『主のためだ。ギデオンのためだ。』と言わなければならない。」(士師記七:一八)
一、主はどのような方なのか。
  主のことばの剣は、全てのものを刺し通す。
物を作るのに、様々な材料を使います。先日、網戸の網を張りなおしました。複雑な作業ではありませんが、それでも何種類かの刃物を使います。切れ味の良いナイフ、ハサミを使います。その必要に合わせるためには、必要なものです。神の御業は複雑ですが、人々を整えるために万能の道具を使われます。それが「主の剣」である御言葉です。
  神はその御言葉を自由に用いて、全ての御業を行われます。
二、神は、その万能の御言葉を救われた人々に、用いるように与えて下さいました。
 イエス様も御言葉によって、御業をされました。神であることのしるしです。また、パウロも「御霊の与える剣である、神のことばを受け取りなさい。」(エペソ六:一七)と命じています。
 ギデオンは、ラッパとたいまつを手に持って、「主の剣、ギデオンの剣」と叫びました。数時間前に、敵の兵士が見た夢と同じように、敵の心に、ギデオンが攻め上って来たかのように支配されてしまいました。彼らは、逃げ出すもの、同士討ちするものとなったのです。大勝利です。
posted by sbbc at 12:23| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

7月2日 「励ましの神」

※今回は録音はありません。

「励ましの神」
  「キリストによる勧め、愛の励まし」(ピリピ二:一)

一、主はどのような方なのか。
  信仰に立って、歩めるように、常に励ましてくださる方です。
神様は、私達の内にキリストの形が形成できるように(これは、人として神が与えて下さった資質です。それは、神の愛の内を歩むこと)導いてくださっています。ところが、人は神から離れてしまったために、恐れに支配されてしまいました。イエス・キリストの救いをいただいておりましても、神に従うにも、この恐れと戦わなければなりません。神は、その恐れに打ち勝つために、励ましを与え、神の声に従えるように押し出してくださるのです。

二、私達は、心に語りかけて下さる静かな声に注意深く耳を澄ませましょう。
ギデオンは、敵のミデアン人の陣営を見て、恐れてしまいました。神は、その心を知っておられました。「立って、あの陣営に攻め下れそれをあなたの手に渡したから。しかし、もし下って行くことを恐れるならあなたに仕える若い者ブラと一緒に陣営に下って行き、彼らがなんと言っているかを聞け。そのあとで、あなたは勇気を出して陣営に攻め下らなければならない。」と励まして下さったのです。
posted by sbbc at 13:34| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月25日 「不思議に見える主の御業」


「不思議に見える主の御業」
                       
一、主はどのような方なのか。
 主の御業は、私達の目には不思議に見えます。そこに信仰が問われます。使徒パウロは「ああ、神の知恵と知識との富は、何と底知れず深いことでしょう。その裁きは、何と知り尽くしがたく、その道は、なんと測り知りがたいことでしょう。」(ローマ一一:三三)
 人は、そのことを知っています。信じ難い美しい物を表現する時「神秘的」と言います。しかし、それは現実なのです。
二、前もって、聖書を通して語ってくださっています。それを、受け入れ、従うことが神が求めておられる信仰なのです。
 ギデオンに神は、命じました。ギデオンを助けるために、戦う備えをして集まってきた民を減らされたのです。ギデオンも驚くほど多くの民三二〇〇〇人が集まったのです。ギデオンは、勇気を与えられました。その心を見た神は、三〇〇人まで絞られたのです。ギデオンは、不安に襲われました。心の内で「この人数で戦えと言うのですか。」と。敵は四五〇倍もいるのです。しかし、神は、ギデオンを優しく導くのです。
  また、選ばれた民もまた、ギデオン以上に不安になったことでしょう。しかし、不思議に民は、ギデオンの指示に従ったのです。神のお働きです。
posted by sbbc at 10:31| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする