2017年04月23日

4月23日 「いのちの水」



「いのちの水」
 「私が与える水は、その人のうちで泉となり、永遠のいのちへの水が湧き出ます。」(ヨハネ4:14)
  水は、私達のいのちがたもたれるためには、どうしても必要です。しかも毎日、必要です。貯めておくことは出来ません。これから、熱中症対策のため、水を飲むように勧められています。このことを考えますと、荒野の旅していたイスラエルの民が支えられたことは、まさに奇跡です。
その為に、主は、どんなにこころを使われたことでしょう。彼らは、乾きで死んだ者は一人もいませんでした。このこたは、今の私達に何を与えようとしているのでしょう。
  イエス様が、ヤコブの井戸で、サマリヤの女性を救いに導かれた時、イエス様が与える水は、永遠のいのちへの水であり、決して乾くことがないと話されました。イエス様は民数記20章の出来事を念頭においておられたのは明らかです。
  パウロもまた、Tコリント10:4で「みな同じ御霊の飲み物を飲みました。というのは、彼らについてきた御霊の岩から飲んだのです。その岩とはキリストです。」と説明しました。このことから、イエス様が与える
水は、聖霊であり、聖霊はみことばによって、救われた人々に永遠のいのちへの水となるのです。そして、それは、一時的でなく、毎日わたしたちを潤してくださるのです。約束の地に入るまで与え続けてくださるのです。
posted by sbbc at 14:36| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

4月16日 「イエスの復活と私達」



「すなわち、アダムにあって、すべての人が死んでいるように、キリストによって、すべての人が生かされるからです。」
(Tコリント15:22)

  キリストの復活を信じることは、御霊なる神の御業によるのです。コリントの教会の人々の中に、復活を信じない人がいたのです。また、パウロが伝道したアテネでは、「死者の復活のことを聞くと、ある者たちは、あざ笑い」(使徒17:32)と記されています。また、ユダヤ人の中のサドヵイ人に属する人は、復活を信じていませんでした。(マタイ22:29)
  ですから、現在、復活を信じられない人がいても不思議なことではないのです。神の御業によらなければ受け入れられないのです。イエス様もペテロに対して、「このことをあなたに明らかに示したのは人間ではなく、天にいますわたしの父です。」(マタイ16:17)と語られました。あなたは信じていますか。信じている方は、天におられる父なる神が示してくださったのです。
  イエス様の復活は、私達に勝利を与えて下さったのです。初穂として、よみがえられ、天にある祭壇に捧げられたのです。そして、キリストに属する者が、キリストの再臨のラッパが響くときよみがえるのです。そして、朽ちるものが朽ちないものを着、死ぬものが不死を着るのです。
posted by sbbc at 11:57| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

4月9日 「上げられたへび」



「上げられたへび」
 「モーセが荒野で蛇を上げたように、人の子もまたあげられなければなければなりません。それは、信じる者がみな、人の子にあって永遠のいのちを持つためです。」(ヨハネ3:14、15)

  イエス様は、ご自身が十字架にかかる意義とその力を、旧約聖書の民数記二一章の事象を引用されて、話されました。
  この記事は、アロンを失って悲しみの中にあったモーセに対して、イスラエルの民が、神とモーセに逆らって、「なぜ、あなたがたは、私達をエジプトから連れ上って、この荒野で死なせようとするのか。パンもなく、水もない。私達はこのみじめな食物に飽き飽きした。」と言った。神は、燃える蛇を送られ民を裁かれました。民は、悔い改めて、蛇を取り去って下さるようにモーセに祈りの要請をしました。モーセは謙遜な人だったので、すぐ、主に祈りました。主は応えられて「あなたは、燃えるへびを造り、それを旗竿のうえにつけよ。すべてかまれた者は、それを仰ぎ見れば生きる。」と語られました。さっそく、モーセはへびを造り、旗竿のうえにつけました。かまれた人でも信じて、蛇を仰ぎ見ると生きたのです。神の約束通りだったのです。
  同じように、十字架にあげられたイエス・キリストを神が送られた救い主として、信じる者は永遠のいのちを持つのです。
posted by sbbc at 14:34| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月2日 「キリストのご計画」



「キリストのご計画」
 「聖く、傷のないものとなった、栄光の教会を、ご自分の前に立たせる
ためです。」(エペソ5:27)

  主が共にいてくださる恵みを、神はイスラエルの民を通して、私たちに
 表してくださいました。その完成は、イエス・キリストを通して、教会を建てあげる事です。
 その教会の姿はどういうものでしょうか。
一、 聖なるもの(エペソ5:26) 
聖なるものとは、御言葉が隅々まで、行き届き、実現することです。
御霊の実を結んでいる姿です。
二、 キリストに従う教会のです。(エペソ5:24)
三、 まことの礼拝が捧げられている教会。(エペソ5:19)
詩と讃美と霊の歌とをもって、互いに語り、主に向かって、心から歌い、また讃美する教会。
四、 神に感謝が捧げられている教会。
五、 互いに従っている教会。
六、 主の御心がなんであるか、よくよく注意して、機会を十分生かして用いている教会。
主イエス・キリストはこのために、命を捧げて下さったのです。
posted by sbbc at 14:32| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする