2016年07月15日

7月10日 「聖別された日」ネヘミヤ7:72~


「聖別された日」
「第七月の第一日はあなたがたの全き休みの日、ラッパを吹き鳴らして記念する聖なる会合である。」(レビ記二三:二四)
 
 一 神が民を招集される日(聖別された日)
   第七月は今の九月の終わりごろから一〇月にかけての頃になります。この時期は、秋のブドウの収穫の時期になります。収穫が終わった後に集会は開かれました。神は民と共に喜ぶために、仕事を全て休んで、日常生活から離れて、共に集まったのです。聖別とは、主が民と共に過ごすために
世から切り離されることです。それは、礼拝という形となるのです。覚えなければならないことは、この会合は主のためなのです。
 二 民は自らすすんで集まった。(一人のごとく)
   城壁再建が終わって、数日しか経っていませんでしたが、大勢の民が住んでいた町や村から、エルサレムへと集まってきたのです。工事の疲れも見せずに、喜んで、命じられることもなく、すすんで集まってきたのです
   彼らは、神殿礼拝からしばらく離されていましたが、集まることは忘れてはいなかったのです。様々な妨害によって、神殿に集まることが出来なくされていましたが、今年は違ったのです。
   主の御前に集うことは、何に於いても優先事項でした。それは、楽しいことであり、喜びでした。あなたはいかがですか
posted by sbbc at 23:19| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月3日 「いのちのつながり」ネヘミヤ7:5~7



いのちのつながり」
「神の御霊に導かれる人は、だれでも神のこどもです。・・・もし、子供であるなら、相続人でもあります。」(ローマ八:一四)
 
{系図の意義}
 一 「いのち」は連続性があることを表しています。
それ故に、良い点、悪い点があります。私達の顔、体形、性格、声などは、子は親に似ていることは認めるところです。孫を写真で見る時、「かわいいな。目は誰ににているかな、顔かたちは・・・」と際限なく会話が続きます。それは楽しいことです。いにちのつながりは人に幸いな思いを与えます。
 二 相続権が認められています。
  血のつながりがあるという理由だけで、親、兄弟肉親の財産を受け継ぐ
 権利を持つのです。イスラエルの民はアブラハムの子孫ということで、その神との契約の全てを受け継ぐことができるのです。その後、罪によって、国を失ってしまいますが、悔い改めるならば、再び受け継ぐことができたのです。ネヘミヤはその神との契約によって、ユダヤを建て直したのです。
  イエス様はダビデの血を受け継ぐものとして、神とダビデとの間で結ばれた契約の相続人としてお生まれになられたのです。
 三 キリスト者はイエス様を蘇らせた御霊によって生まれたのです。
  神によって生まれたことが変わることがない、救いの土台なのです。
posted by sbbc at 23:11| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月26日 特別福音集会 丸山一郎先生





「あなたにとって幸せとは?」
「心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人たちのものです。」
(マタイ五:三)
  少し前「世界で最も貧しい大統領」で話題になった方が、日本を訪ねました。テレビで報道もされ、各地で公演もされました。この方が日本の青年に「あなたにとって幸せとはなんですか。」と、問いかけられたのです。多くの人が答えに窮したのです。なぜ、この人の声に多くの人が耳を傾けられるのでしょうか。それは、本のタイトルに見るように、その生き方とその表情です。その生き方とは「物の豊かさではなく、人のこころにこそ幸せを持つ」と。幸せは、全ての人が求めています。しかし、飢え乾いています。
  聖書にも、幸いについて教えています。本日は、豊かな主のお働きをしてこられた、丸山先生から聖書の解き明かしていただきます。
 {丸山一郎先生のご紹介}
 一九三二年東京にお生まれになりました。東京大空襲、疎開を経験されました。中学二年の時、「カム、カム英語」のラジオ放送を聞かれて、人生の転機を迎えられました。その後、英語を習得のため研鑽され、信仰へと導かれ、献身へと導かれました。東京教会よりBBFの神学校に入学されました。その後、アメリカにあるボブ・ジョンズ大学へ留学され、帰国後、習志野教会を開拓され、牧師として主のお働きをしてこられました。その間、船橋教会の開拓、当時アメリカの統治にあった沖縄に宣教師として齋藤先生を派遣。
posted by sbbc at 23:06| メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする